愛犬に合ったフード選び
ドッグフードの今を知る

ドッグフードの今を知る

HOME > ドッグフードの今を知る

ペットフード安全法とその現状について

ペットフード安全法とその現状について

私たちは、最近のドッグフード(ペットフード)にみられる、無添加、国産、自然、ナチュラルなどといった言葉が好きではありません。
その理由を少しお話しいたします。

日本には、ペットフード安全法(正式には愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律)があり、2009年6月から施行されました。この法律によって、製造、輸入、販売について一定の規制がされています。
しかし、あまりにも安いドッグフードが氾濫している現状ではどれだけの抑止効果があるのか疑問です。中には異様に安いものも多く、その原材料や製造過程の安全性に疑問を持たざるを得ません。

例えば、「ペットフード安全法」では、酸化防止剤としてエトキシン、BHA、BHTなどの添加物が認められていますが、エトキシンなどはその危険性から日本では人間の食品に添加を許可されていないばかりか、農薬にも禁止されているものです。また、エトキシンはダイオキシン系の化学物質で発がん性があると言われています。
また、この法律では、原材料に含まれる添加物を表示する義務はありません。
例えば、「かにかま」や「チーズ」などの食品をペットフードに配合する場合、「かにかま」、「チーズ」を原材料名として表示すれば良いため、これらに含まれる着色料などは表示しなくても良いわけです。

話は少しそれますが、いつの頃からか日本ではバレなければ食品偽装も当り前で人間の食べるものでさえ気を付けていないとだまされる世の中です。いかがでしょうか?あなたはこの法律で安全性がしっかり確保できていると思いますか?

無添加表示について

無添加表示について

「安いドッグフード(ペットフード)は添加物だらけ」という知識は近年一般にも拡がりつつあります。そんな中で最近よく目にするのは無添加という言葉です。

ドッグフード(ペットフード)は基本的に加工品です。
入っているのが人工か自然由来の添加物かの差はありますが、加工品であるドライフードなどに無添加は厳密にいえばありません。

無添加をPRする一部プレミアムドッグフードの中でも、「人工添加物を使っていません」と明記したほうがよいのでは?と思うものも多々あります。

あいまいな表現が多いという事実が、先ほど述べましたペットフード安全法の実情を表しているように思えます。
ペットフード安全法は、ペット先進国である欧米をマネてできた法律ですが、その中に有害添加物・農薬・汚染原料などの使用規制や素材・成分の表示義務はありますが、犬にとって必要な栄養素を満たしているかなど栄養品質に関する製造基準はありません。欧米などと比較するとまだまだ日本はやはりペットフード後進国なのです。

今ではフードによって人工添加物を使っていないものもありますが、それらフードの多くには肉食動物である犬の生物学的にほとんど必要がないといわれる穀類(米、小麦、トウモロコシ、大麦やライ麦などその他麦類)が非常に高い比率で含まれるものが目立ちます。これはどういうことかと言いますと、穀類の比率を高くすれば原価を安くできるということです。実は犬にとって欠かせないのは動物性タンパク質(肉類)なのですが、その比率を上げると原価が跳ね上がってしまいます。企業としては利益率を重視しなければなりません。
そのため、穀類でカサ増しが必要になるのです。

犬は草食動物や人間と異なり、唾液には炭水化物を分解する消化酵素(アミラーゼ)がほとんど含まれていません。
そのため、大量の穀類は犬の内臓への負担になるばかりか、アレルギーを引き起こす要因にもなります。
もともと肉食動物である犬の腸は短く、穀類など消化吸収は大の苦手。つまり、穀類比率が高いフードは消化器官に毎日大きな負担がかかってしまうのです。

国産表示について

国産表示について

国産という表示は、人間にとっては非常に響きのよい言葉です。
ただ犬たちにとっては必ずしもそうではありません。
なぜかと言うと、日本には先に述べたペットフード安全法以外にペットフードの製造や販売を取り締まる法律がなく、この法律すらその存在意義を果たせていないというのが現状です。そのため、ドッグ―フードの場合、人間が食すには適さない原料を使っていても、国産原料であれば国産と表示して販売されるからです。そして多くの方はこの事実を知りません。
欧米なではこんなことはありえません。

なぜそこまで海外のペット先進国と差がでるのでしょうか。
世界で初めてドッグフードを開発されたのは1860年。アメリカ人が作りました。国産ドッグフードの起源は1959年。すでに100年もの開きがあります。
アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリスなど欧米各国は、ペットと人間の関わりが非常に深く、それが文化として根付いているためペットフードに関する基準や検査などのレベルが違います。
本当に人が食べられる原料・品質のペットフードをしかるべき機関が検査し、証明として「ヒューマングレード」と明記する諸外国もあるほどです。

ドライフードなどを製造する機械をエクストルーダーといいます。
この機械を、日本で使用されるものと欧米の良質フードを製造するメーカーが使うものとを比べた場合、品質に雲泥の差が出ます。品質への追求レベルが違うのです。
例えば、フードの加工過程で加熱調理が必要になるのですが、たんぱく質などの栄養素を破壊しないためには低温調理が必須です。しかし、日本で使用されている機械では理想的な低温調理ができません。
名の知れたプレミアムフードに欧米メーカーのものが多いのにはそういった理由があります。

5年後も10年後も健やかに。それを実現させるのはあなたの選択です。
どんなフードをあげていますか?何度でも無料でカウンセリングいたします。

page top